【新常識】「夜は太るから炭水化物を食べない」は危険です!

こんにちは、しんです。

今回は炭水化物の新常識についてです。

・炭水化物が太ると思っている方

・食事ダイエットをやろうと思っている方

・ダイエットをしている方

に必見です!

 

f:id:Marufoto:20191118114534j:plain
以前、僕は「食べなければ痩せない」という記事をあげたことがあります。確かに女子高生やOLの方など特に女性の間でプチ断食すれば、食べる量が減ってお腹に食べ物がいく量が減るから、痩せられると思っている方がいることに対して実は間違っているということを発言しました。

 

しかし、一方でまだ栄養についての正しい知識を持たずにダイエットを行おうとしている方がまだいます。

 

明らかにそれは痩せるのではなく、むしろいつまで経っても痩せられない原因や逆に太ってしまうことにも繋がってしまいます

 

そして今回は三大栄養素の一つである「炭水化物」についての誤解を解いていこうと思います!!

 

まず、結論から言うと「夜は太るから炭水化物を食べない」は間違いです!!!

なぜ間違いかを解説していきます。

 

 

そもそも炭水化物とは……最もすばやくエネルギーになる栄養素

 

f:id:Marufoto:20191124180505j:plain

炭水化物は、主食となる米や小麦粉、いも類などの食材に多く含まれている栄養素です。「エネルギー産生栄養素」の中でもすばやくエネルギーに変換されるため、「頑張りたいときに欠かせない栄養素」ということもできます。

 

また砂糖も炭水化物であるため、勉強などの集中が欠かせない場面に少し摂取するだけで「頑張りたいときに欠かせない栄養素」として頭を働かせてくれます。

いわば、エナジードリンクみたいな役割を果たします。

 

これは前の記事でも紹介していますので、ぜひそちらも興味ありましたら↓

  

炭水化物は太るけど「夜は炭水化物抜きがよい」は誤解

 

f:id:Marufoto:20191107161402j:plain

炭水化物を摂りすぎることの影響は、太ることです。

しかし「摂りすぎる」はよくありませんが、「抜き」もよくはありません!

 

夕食で炭水化物を抜く人は、夜は寝るだけでエネルギーの使用量が少ない時間帯なので、エネルギー源である炭水化物は必要ないだろうという考えなのだと思いますが、寝ている間は食事も摂らないため、食事と食事の間の時間が長くなります。

1時間単位の必要エネルギー量は少なくても、次の食事までの時間が長いため、やはりエネルギー源の確保は必要なのです。

そのため、夜も「適度に」炭水化物を摂ることが必要なのです。

 

冬眠する熊のことを想像すれば容易です。なぜ冬眠する前に魚や木の実などをたくさん食べるのか?

それは、次の食事までの時間が春なので、空く時間はかなり長いです。ですから、本能的にバランスのとれた食事をするわけです。その中にやはり、炭水化物ももちろん含まれています。ですから熊でさえ、やはりエネルギー源の確保は必要なのです。

 

だから、抜くことは厳禁というわけなのです!!

 

 

朝食は炭水化物を積極的に! おすすめの食材と量の目安

 

f:id:Marufoto:20190314180546j:plain

朝はぜひ炭水化物をしっかり摂ってください。繰り返しますが、炭水化物は最もスピーディにエネルギー源になりますので、午前中の活動に必要です。

 

炭水化物源としては米飯、パン、麺(うどん、そば、ラーメン、パスタなど)、オートミールなどどんなものでもかまいません。普通の生活をするのであれば、何を食べても構いませんが、パンや麺は製造過程で食塩が含まれていますので、減塩を意識したいなら米飯がよいでしょう。

 

また、米飯は水を加えて炊飯するため水分含量が多いのですが、パンは焼き上げる段階で水分が減少するため、水分摂取の面からは米飯が優れているといわれています。

 

1食で摂りたい量は性別や年齢・体格・活動量(仕事内容)などによって異なるためはっきりとはいえません。

ですだ、一般的なデスクワークの30~40歳代くらいの男性で…

・米飯であれば200g程度

・食パンであれば6枚切で2枚程度

が目安です。

コンビニで買うのであれば、おにぎり2個程度が目安でしょうか。もちろん、これだけで朝食終了ではなく、おかずもしっかり食べましょう!

 

 

バランスがよくとれた食事は必ずダイエットに成功する近道を示してくれます!

運動だけがダイエットではありません。体に関することであるならば、食事も気を使うべきなのです。

 

 

炭水化物は減らすと危険! 炭水化物抜きのリスク

 

f:id:Marufoto:20191128215702j:plain

炭水化物の抜きすぎや炭水化物ゼロの生活は、栄養学的に見るととても危険なものです。

 

体が炭水化物の不足分をたんぱく質や脂質で補おうとするため、通常は弱アルカリ性に保たれている体が酸性に傾き、ケトーシスという状態になってしまいます。

 

詳しく言うと、糖質および脂質が代謝障害に陥って、体内でケトン体を異常増量しはじめる臨床症状です。

エネルギー源としてのブドウ糖が不足した体は、代わりに脂肪をエネルギー源とするようになります。これにより、体調不良はまぬがれません。

 

ケトーシスの状態で起こる症状は様々で…

・吐き気

・嘔吐

・腹痛

・高血圧

ひどい場合には…

・脱水症状

・昏睡

・意識不明

の症状が出てきます。

 

こうなると命の危機もあります。ですから、抜くことや食べ過ぎは本当に良くないのです。三大栄養素と言われているくらいなので人間にとってはとても不可欠なものなのです

 

ですが、そこまで重大な症状が出ない場合でも、ケトーシスはちょっとしたことでも起こるのです。

 

前日に焼肉屋さんに行った程度でも、軽度ではありますが、体はケトーシスの状態になっていることは珍しくありません。これは焼肉屋さんではお肉がメインになり、ご飯や野菜を意識的に食べない人は炭水化物やビタミンが不足してしまうためです。

 

実際に僕も小さい時ではありますが、ビュッフェでの栄養の偏った食事が原因で気を失ったことや貧血になってぶっ倒れたことがあります。

あの時、視界も白く今まで以上に経験したことがないくらい汗の量が出て医務室にすぐに運ばれました。

今でも、そのことはよく覚えていますし、食事に関してちゃんと考えた結果、なんでも食べることが大事ということが分かり、そこから好き嫌いがなくなった記憶があります。

 

 

ダイエット中も、大切なのは「バランスのよい食生活」

 

f:id:Marufoto:20191125001145j:plain

炭水化物はダイエット中の方には気になる栄養素のようですが、ここで解説した通り、炭水化物は体にとって欠かせない栄養素です。

 

「炭水化物(糖質)抜きダイエット」など、単一の栄養素に着目したダイエット法は、シンプルでとても分かりやすいため、しばしば流行します。

今でもその人気は衰えていません。

 

でも、「流行」になったものは長く続けるのは難しく、やめる日が来るものです。極端な方法で一時的に体重を落としても、やめてリバウンドしてしまっては意味がありません。

本当に成功できるダイエットは、たとえ死ぬまでやり続けても「やめよう」と思うことがなく続けられる方法であるはずです。大切な栄養素である炭水化物もしっかり適量を取り、上手に続けられる食生活を目指してください。

 

 

それでも夜の炭水化物が気になるというなら!

 

f:id:Marufoto:20191125111444j:plain
温めるだけで効果倍増!?夜ホットヨーグルトで排泄を促してお腹をスッキリさせる方法をご紹介します!


毎日のヨーグルト習慣は“腸活”としても人気ですが、さらに効果を高めたいなら「ホットヨーグルト」がオススメ!

温めるだけで腸の働きが活発になり、さらにしっかりと老廃物を排出できるようになります。

この「ホットヨーグルト」は夕食後に摂るとさらに効果抜群!

 

腸が最も活発に働くのは22時頃から深夜2時にかけてなので、この時間帯に乳酸菌などが腸にいると、より腸内環境が整えられて太りにくい体質作りに役立つとされています。

作り方は、150~200gの無糖ヨーグルトに大さじ1杯の水を入れ、600W程度の電子レンジで1分間温めるだけ! どうしても甘みがほしい場合は、ハチミツ、メープルシロップ、甘酒などでアレンジしてください。

ただ、脂肪分もあるので食べてすぐに寝るのはNG。目安量を守って、就寝3時間前までに食べるようにしましょう!

 

 

まとめ
 

僕も筋トレをしている身なので炭水化物を抜きがちなのですが、もし自分がボディビルダーならまだいいのです。しかし、大半の方はそうではありません!

 

だから、今回改めて常識を捨てることができる機会ができてよかったです。正しい知識を身につけて楽しくダイエットや日常生活を送りましょう!!