【これじゃ無理】頑張って腹筋してもお腹がヘコまない6つの理由

こんにちは、しんです。

 

今回は腹筋について!

・なかなか腹筋をやってもお腹がヘコまない方

・これからダイエットを考えている方

に必見です。

 

誰もが「腹筋」といわれて想像するエクササイズは、仰向けに寝て足を立て、両手を頭の後ろに添えて、起き上がる「腹筋」です。

この筋トレ法は腹筋を上手く使えない状態で、一生懸命上に上がろうとするがために、腕の力が首に加わってしまい、首が痛くなってしまうことがよくあります。

 

というか、そもそも腹筋について誤解している方が多い印象があります。例えば「腹筋だけやればお腹がへこむ」。なんでこういう理論が蔓延しているのか不思議です。

 

今回はそういった「腹筋」の誤解と本来の「腹筋」について解説していこうと思います!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

ただ必死に腹筋をすればスッキリしたお腹になるわけではない!

 

f:id:Marufoto:20191125145539j:plain

腹筋エクササイズは、回数をこなすことが最も効率的という訳ではありません!効率的にスッキリお腹を手に入れるためには、まずダイレクトにお腹を使える状態でエクササイズができなければいけません。実際、何十回やる腹筋より数回やる腹筋の方が明らかに効くエクササイズ方法は山ほどあります。

 

ここで紹介する方法として、無駄なくお腹を使える様にするためのポイントの一つとして「骨盤の位置」をご紹介いたします。骨盤は日常生活のクセから、前後左右に傾きやすく、その傾きによって、上手くお腹が使えない状態になってしまいやすくなるのです。

 

お腹エクササイズ時にお腹の筋肉を使いやすい状態にするために、まず骨盤の位置をできるだけ正しい状態にしてから行うことです。そのために、まずはこわばり筋をほぐすストレッチを行うことが大切です。

 

人間の正しい背骨のラインは、滑らかなS字カーブを描いています。

こんな方は注意!

・腰部分のS字カーブが強すぎる人(そり腰)

→そのままの状態でお腹を鍛えるエクササイズを行っても、効率的にエクササイズを行えません

・そり腰の逆のS字カーブを全く描いていない姿勢(フラットバック)の人

→そのまま姿勢でお腹を鍛えるエクササイズを行っても効率的にエクササイズを行えないです

f:id:Marufoto:20191125170003j:plain

あなたの姿勢はどのタイプ?②フラットバック | 福島県郡山市【きのした鍼灸接骨院】

 

こちらのサイトでは「自分が反り腰なのか」が詳しく書いてあります↓

sawadarika.blogs.co.jp

 

 

内臓脂肪を誤解している!

f:id:Marufoto:20191125171004j:plain

お腹がポッコリしてしまうのは、腹筋を鍛えていないからではなく過剰な内臓脂肪が原因の可能性があります。

 

ポッコリお腹の場合、腹筋の上が分厚い脂肪で覆われているので、いくら腹筋を鍛えても脂肪に隠れて腹筋は見えません。つまり、「腹筋を鍛えてお腹がヘコむ」ということは基本的にはあり得ない!

脂肪燃焼したところで意味がない
→筋肉がつくことによって基礎代謝が上がり、次第に脂肪が落ちていくという順番であるため、脂肪燃焼だけするのは無理があるから

 

内臓脂肪がついている状態でいくら腹筋をしても全く効果が見られないため、途中で嫌になって辞めてしまうのがオチです。

お腹をヘコませるには、腹筋を鍛えるのではなく内臓脂肪を減らす必要があります。むしろ、腹筋を鍛えるのは内臓脂肪が落ちてからやっても遅くはありません。

 

まずは食事の仕方や生活習慣などから変える必要があります!

 

 

お腹をヘコませるには「下半身」を鍛える?

 

f:id:Marufoto:20191125150705j:plain

お腹をヘコませるためには、内臓脂肪を落とす必要があると先ほど説明いたしました。

この時に重要なのが…

・体の大きな筋肉を鍛える

→全身の筋肉量を増やし基礎代謝の高い状態に持っていくことが可能!

 

大きな筋肉とは…

・太もも

・お尻

・太もも裏側

・背中

・胸の筋肉など

のことを指します。特に下半身には大きな筋肉が集中しています。

 

お腹をヘコませたいのに下半身を鍛えるというのは疑問に思うかもしれません。

実は「大きな筋肉」というのは

・筋力アップがしやすい

・全身の筋肉量を増やして基礎代謝を高める効果が高い

→腹筋周りの筋肉は非常に小さいので、全身の筋肉量に占める割合が小さく、基礎代謝を高める観点ではあまり影響がない

 

 

基礎代謝が低いと1日の消費カロリーが減ってしまい、太る原因になりかねません!
このメカニズムを解説すると…

代謝の低下によって体温が下がると、血管が収縮して血流が悪くなくなる

・血液は栄養と酸素などを届ける働きがあり、その働きを改善させるために体を温めようと皮下脂肪を蓄え始める

代謝が落ちて消費されないエネルギーが皮下脂肪の蓄積に使用されて太っていく

基礎代謝が低下するということは、生きるのに使うエネルギー量が減ります。そして血管や内臓や筋肉の機能が衰えているとも言えるのです。

 

基礎代謝低下でこんな症状につながる…

・便秘

・肌荒れ

冷え性

・低血圧

・生理不順

・顔色が悪い

・疲れやすい

・低体温(平熱が35℃以下)

 

 

基礎代謝をもっと知りたい方はこちらを!

 

「よく代謝を上げろ!」っていうけど基準がわからないから上げようがないから困っているという方に朗報です!!

 

そんな時は、厚生労働省が出した基礎代謝量のデータ結構参考になります↓

f:id:Marufoto:20191125172420p:plain

 

詳細がもっと知りたい!という方はこちら↓

www.e-healthnet.mhlw.go.jp

 

今、自分には基礎代謝が足りているのか?足りていないのか?を判断できる「基礎代謝計算」です↓

keisan.casio.jp

 

 

睡眠が十分に取れていない

 

f:id:Marufoto:20191117162411p:plain

夜遅くまでSNSスマホを見ていたり、コーヒーを飲んだりして、無意識のうちに体や頭を目覚めさせていませんか? 結果、翌日疲れが取れないままになってしまいます。体重を減らしたい場合は、毎晩7~9時間のような十分な睡眠をとることがオススメです

 

睡眠はどんな時にもそうですが、体のコンディションやパフォーマンスを上昇させてくれる実験結果はたくさん出ています。そもそも睡眠は人生(90歳まで生きるとしたら)のなかで「30年間」も寝ていることになるのです。つまり、動いている60年間を支えるものが「睡眠」だと考えると、「睡眠」はとても有意義なものではないでしょうか?

 

また寝不足になると…

・ホルモンバランスが失われる

・空腹を感じ取る感覚が影響を受けやすい

 食欲には、グレリンとレプチンという二種類のホルモンが関係しています。

睡眠が不足すると…

グレリン(お腹が空いたと感じるホルモン)のレベルが上昇

・レプチン(お腹がいっぱいだと感じるホルモン)のレベルが低下

つまり夜更かししていると、食欲がアップし食べても満腹感が得にくくなるという傾向も分かっています。

 

体重減を狙うときは、夜ふかしの原因になるものは意識的に避け、いつもより早くベッドに入ることを心掛けましょう。

すぐには早く寝れないと思うので、「今日は30分早く寝てみよう」、「今日は1時間は早く寝よう」など徐々に寝る時間を早くすることが大切です。

 

 

ストレスや心配事がある

f:id:Marufoto:20191111120542j:plain

有名ですが、ストレスカラダに悪影響を与えます!

ストレスに反応して分泌されるのがこのコルチゾール

このホルモンが出ると…

・短時間でエネルギーに変わり幸福感をもたらす

→これがとても危険です!!理由は砂糖が多く含まれた食べ物をカラダが欲しがる状態になるから

コルチゾールは、迫った危険に対応する際に必要なホルモンです。

本来そういった状況に陥ると分泌されるものですが、実はストレスや心配事でも分泌されます!長期にわたって分泌レベルが高いと、お腹の脂肪の増加につながる可能性があります。

 

ですからストレスや心配事にさらされる環境をできるだけ長居しないことがオススメします。

 

 

結果を急ぎ過ぎている

 

f:id:Marufoto:20191125174243j:plain

はっきり言うと体が急に変化するなんてことはありません!「2日で腹筋がバキバキになれる薬」とか鍛えてる人たちからするとバカにしているようにしか見えません(笑)

 

よく考えてみてください。

自分がここまで体重が重くなってしまったのは1日にいっぱい食べたからでしょうか?

「いえ、違います!!」

そういった人たちは最初の頃は食べても体にあまり変化はありません!ですが、次第に時間が過ぎていき、今までため込んできた脂肪がついに目に見えるところまできたはずです。ここが結果を早く求め過ぎてしまう皆さんが勘違いしてしまう部分です。

 

ダイエットでなかなか結果が出ないと、短気になりフラストレーションを感じてしまいがちですが、現実的になることが必要

 

繰り返し言いますが、「一晩寝たら次の日に結果がでていた」などということはあるはずがありません。

 12週間、つまり3カ月程度はかかると理解しておきましょう!少なくとも8週間頑張って続ければ、何かしらの結果が実感できるはず。

 

そしてここで差がつくポイントが…

・「長い時間と捉えるか」と思うか

・「そんな短い時間で出るのか!」と思うか

 どう思うかはあなた次第です!ですが行動が早ければはやいほど結果はすぐにやってきます。

 

 

まとめ

 

代謝を上げれば良い!」と言う無責任な方よくいます。まず「代謝って何?」「どういう風に判断基準を決めればいいの?」に応える部分までなかなか明確に言わない人が多いです。ダイエットをやるにしろ新しいことを始める時は、しっかりとした正確な知識を身につけることが大切です!

 

これにより効率的に自分の理想の姿が現実になることがすぐそばまで来るかもしれません。時間は有限です。目標を「ゴール」にする日をただ想うより自分から動くと着実に近づいてきます。

 

理想の自分に近づこうとしている皆様を応援しています!